事業案内

不動産購入

1.まずは希望を教えてください

エリア・物件種別・ご予算・資金計画等、詳細をお聞かせ頂ければ、より具体的なお手伝いをさせて頂けます。ここで重要なのが、正しい相場観を判断基準として持つことです。私共は、相場から極端に安い物件を見つけてくることは残念ながらできません。また、欲しい物件が見つかってから資金計画を立てるお客様もいらっしゃいますが、スムーズな不動産購入には綿密な資金計画が不可欠です。欲しい気持ちだけが先行し、無理な住宅ローンを組まれることは絶対にしてはいけません。

2.現地のご案内

良さそうな物件が見つかったら、何よりまずは見てみることです。私共は、ご案内物件の良い点も、あるいはマイナスとなることもしっかりお伝えいたします。よくテレビでみるような、電話がかかってきて「今予約が外れました」なんてこと、絶対にしません(笑)。

3.購入申し込み

買いたい、そんな物件が見つかったら、「不動産購入申込書」をご記入頂きます。これは契約書ではありませんので、申込金等はありません。また、同書には希望条件を合わせて記入頂きますが、売主様との商談の結果ご希望条件に沿わなかった場合、違約金等もなく取り下げが可能です。だかこそ、当社では取り敢えずのご予約といった感覚の書面は決して頂きませんし、前向きすぎる方には、敢えて数日間ご検討頂いたりもします。合わせて、住宅ローンの仮審査もすぐに取りかかります。ここから先は購入希望者が重なることもありますので、スピードも重要です。

4.売買契約締結

売主様との商談もまとまり、住宅ローンの仮審査も得られれば、次は売買契約の締結です。事前に重要事項のご説明を行いますので、充分にご理解を頂いたうえで調印及び手付金をお支払い頂きます。この際、資金計画に無理のない範囲で、仲介手数料の半金を頂戴致します。

5.住宅ローン本申込み~金銭消費貸借契約

ここは金融機関とのやり取りです。重要事項説明書・売買契約書等の必要書類を揃え、金融機関へ本申込みを行います。仮審査を事前に得ていれば、本申込みで承認を得られないことはまず有りません。承認後、金融機関と金銭消費貸借契約を締結し、いよいよ準備が整います。

6.不動産の引渡し・売買代金決済

ご契約の内容に則り、売買代金残金のお支払い及び不動産の引渡しを行います。通常大きい金額の取引になりますので、買主様指定の金融機関で行うことが一般的です。この際、住民票、印鑑証明書、実印、身分証等をご準備頂きます。また、仲介手数料の残金もこの場で頂戴致します。

ページトップへ